スタッフの声

記事 三木 博昭のアイキャッチ画像

ひとつひとつの支援を行うことがとても大切だと思う

三木 博昭 / ひふみ園 平成21年入職(生活支援員)

私は障害者支援をするにあたり、「常に考える」ということを意識し、支援しています。

利用者理解を深めるためには常に相手の気持ちを考え、ひとつひとつの支援を行うことがとても大切だと思うからです。声かけの言葉の選択、声量、話すスピードによって利用者の理解は異なり、利用者にとって最善の関わりを常に考え、支援することを心掛けています。そして、本人中心支援を意識することを忘れず、自己選択の場を設け、本人の望む生活に一歩でも近づけるように取り組んでいます。今後も利用者の方が施設にいながらもたくさんのことを経験し、日々の生活を少しでも楽しいと思えるようにこれからも精一杯支援していきます。