私たちは、人間として尊厳がまもられ、個人として大切にされる、そんな「共に生き、共に育つことができる社会」を目指して支援に取り組んでいます。

基本理念・方針

基本理念

『共に生き、共に育つ社会の実現』を目指します。

私たちは、知的に障害をもたれた方が人間としての尊厳を守られ、個人として大切に守られ、共に生き、共に育つことができる地域社会の実現を目標とします。

その実現に向けて、法人の先駆性、独自性を発揮した活力ある経営と健全な財政管理に努め、実践力のある人材の確保・育成を図ります。

また、知的に障害をもたれた方にとって真に必要な支援は何かを見極め、より適正なサービスに徹していきます。さらに地域社会と良好な関係を築くために積極的に交流を深めるようにします。

私たちは、知的に障害を持たれた方と生活を共にするなかで、共に生きていることの絆を確認し、障害があることを理由に人間としての尊さが傷つけられる悲しみを共有します。

そして、自立に向けて日々の育ちゆくあゆみのなかで、それを乗り越えて生きて行く力を共に身につけていきます。

そこで法人の基本理念を簡潔に表した言葉『共に歩み、共に育つ社会の実現』を標語とします。
▲ページトップへ

基本方針

福祉サービスを必要とする知的に障害をもたれた方が、心身ともに健やかに過ごし、社会・文化・その他あらゆる分野での活動に参加する機会を与えられるとともに、その環境・年齢及び心身の状況に応じ、その地域において必要な福祉サービスを総合的に提供されるよう支援することを基本方針とします。

a:3900 t:4 y:0

powered by HAIK 7.1.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional